So-net無料ブログ作成

米粉のお勉強 [パン(イースト)]

一年ぶりかな いや二年ぶりかも・・・・

米粉パン指導員認定いただいているamiですが米粉も奥が深い・・・パンが深いのか[exclamation&question]
指南いただいた先生の単発レッスンがあり 日程が合ったので参加してきました。

160618__ 8.JPG
今回は 米粉ラザニアとクランベリーワインパンです。

午前の部はラザニア
ラザニア生地を米粉で作る。簡単[exclamation×2] アクシデントもありましたが出来上がりました。
コレをセモリナ粉で作るとしたら超大変。マシンが必要ですもの。

そしてホワイトソース
160618__ 3.JPG
もちろん米粉使用です。

具材も煮込みます。
160618__ 4.JPG
化学調味料は一切使用しません。ワインをドバドバ使いました。
こんなに煮込むのか・・・ミートソースを作るのと同じなのね。
トマトもamiなら湯むきせずそのまま使いそう・・・でも皮が気になるかな。
産直でイタリアントマトが出ているのでそれで作ってみようーーっと。

160618__ 5.JPG
そして重ねて 焼き上げて出来上がりーー[るんるん]
手前がami作。米粉のパン粉も振りかけてみました。

160618__ 9.JPG
とても美味しい。。。米粉ラザニアはあっさりしています。
手前のシュー生地はタイ米の米粉を使って試作したものらしい。
クリームが無くても皮だけでも美味しいです。
右は黒米です。甘みが出るんですよね。

おしゃべりしながら次々と試作品の試食をいただきました。
160618__ 7.JPG
先生は翌日からタイへ講演がありそこで紹介するパン。
タイ米はなかなか難しいから上手く出来るかなぁー心配だとおっしゃっていました。
クリームや砂糖の材料入手も大変らしいです。かなりの打ち合わせが必要だとか。

 タイ米のクッキー、ラグンドシャですが 黒ごまが合うーー。
160618__ 10.JPG
先生手作りの抹茶を混ぜてあります。
日本人ならコレは美味しいと思うが タイの方はもっと甘くしないとダメらしい。

黒米粉のタイプ
160618__ 11.JPG
コレの方がコクが出ていると思う。

色々食べてお腹が一杯になりました。amiは続けて午後の部も受講。

クランベリーワインパン
160618__ 12.JPG
具材がこんなに入りますよ[るんるん] そうですこのくらい入らないとね。
生地こねの途中、2回ほど指が動かなくなり。。。イタッ[あせあせ(飛び散る汗)]。痛めているので注意です。

午後はプライベートレッスンとなり、受講と言うより 研究会のようなレッスン。
それは・・・・先生はワイン100%仕込み、私と助手の先生が水を加えた生地作りに急遽変更。

捏ねているうちに生地の色が薄いから amiは ワインを適当に足してみたり・・・
結果的に配合の水分量を使いましたが 発酵に影響が出るのか私もこの場で確認したかった。

160618__14.JPG
焼けましたが・・・クープが下手くそでした。包丁を使った方が
スパッと出来た。ふむふむ・・・これも勉強。

先生のは発酵が進まず待てなくて焼きました。
焼き時間短めでやってみました。先生も包丁クープ。
160618__ 15.JPG
色は綺麗ですが あまりにも短いのでダメだよとamiがだめ出しして追加。


160618__ 16.JPG
中はこんなに綺麗な色で ほのかにワインの香りがします。
焼き時間追加前のカット面です。

160618__ 17.JPG
久しぶりでしたが 研究会はとても楽しかったーー。
先生二人で生徒一人の贅沢レッスン、ありがとうございました。


タグ:パン教室
nice!(34)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 34

コメント 4

nachic

黒米のシュー、珍しいですね。甘いのですか。
ワインで捏ねるパンは、発酵が遅くなるのでしょうか?
材料とも、とても贅沢な研究会でしたね。
by nachic (2016-06-20 18:38) 

ami

黒米ですと甘みが出ると思います。
日本と同じ米が主食のタイ国ですが
米の質がちがうので製品化には苦労裂けている様子。

今回のレッスンは丁度予定が空いていたので
お知らせいただいて即申し込みました。
by ami (2016-06-21 07:43) 

pomme

amiさん、すごいですね。
米粉のパン指導員の資格もお持ちなのね。
アレルギーで米粉しか使えない方も
多いから、知識が役に立ちますね。
いろんなお菓子も作れるのには
びっくりです。
by pomme (2016-06-24 17:44) 

ぴーすけ君

黒米粉って面白いですね~
by ぴーすけ君 (2016-06-25 20:06) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0